百名山チャレンジマップ

IMG_0058.JPG

 

 日本百名山のすべての山を南側の空から眺めたイラストマップです。

 日本各地の百名山をめぐるとき、訪れることもあるご当地の見どころも、地図の随所にイラストを添えました。山登りだけでなく、旅行としての思い出も重ねてお楽しみいただくことができます。また、登った山の名称の前に丸シールを張り付ければ、百名山制覇のモチベーションアップにもつながります。(シールが地図を隠さないよう海の部分に山名を配置しています。)

 部屋の壁などに飾り、山登りの思い出に浸ったり、今後の計画を練ったり、ご家族で山登りの楽しみを膨らませてください。書斎のデスクマットに挟むのにもちょうどいいサイズです。

アイコン用2.png  拡大写真

hokkaido.jpg

alpsjoshinetsu.jpg

斜里.jpg  大雪山.jpg

八甲田.jpg  男体山.jpg

浅間山.jpg  富士山.jpg

霧島.jpg  宮之浦.jpg

アイコン用2.png 仕様
 A2サイズ(420mm×594mm)、マットコート紙135kg、オフセット印刷、丸シール(直径5mm青色130片)付き、フレームはついておりません。

アイコン用2.png 地図の表記について
 海の部分に記載した百名山の名称は一般的な呼称で、文字の大きさは12ポイントです。数字は標高(m)を表し、小数点以下は四捨五入しています。山名の下にはカッコ書きで別称も記載しています。標高の数字の下には、具体の山名もしくはピークの名称を記載しました(地形図に記載のある場合のみ)。
 小さく記載した百名山の名称(地形図の名称で表記)や二百名山、その他の山の名称などの文字は、地形の描写や地図全体のデザインに配慮し、5ポイントと小さい文字で表記しています。多少見にくいかもしれませんので、あらかじめご了承ください。

アイコン用2.png 百名山チャレンジマップのこだわり

 作者が百名山を巡りながら山座同定を楽しむうちに、「百名山の山容がわかる地形や景色を眺められるような地図があったら」と製作を思いつきました。

 百名山は日本各地に散在しますが、とりわけ、アルプス周辺や上信越地域に密集しているため、書籍やサイトなどの百名山の全体地図では、百名山の位置を示すだけであったり、CG画像の地図でも個々の山の山容までは表現できなかったり、また、百名山が密集する地域について別に拡大図を設けるのが一般的です。

 この「百名山チャレンジマップ」の製作にあたっては、飾って眺めていただく地図としてデザインにも配慮し、一つの地図に収めること苦心しました。細長い日本列島を太くデフォルメして、すべての百名山の山容を描くスペースを確保する一方で、低山の広がる地域を簡略化し全体的なバランスをとっています。また、山頂から眺めた景色が思い浮かべることができるよう、百名山とその周辺の山とのつながりも大切にしています。